SUGURUの紹介

Welcome to SUGURU's website

SUGURUは生まれつき全盲で、自閉症の障害を持つ15歳の少年です。

音に対しては敏感で、小さい頃は救急車やパトカーのサイレンが聞こえると立っていられないほど恐怖を感じていました。

風の音、車の通る音ですら怖かったです。

でも、小さい頃から、ピアノで作曲をするのは好きでした。

それを知って、おじいちゃんとおばあちゃんが家にあったピアノを僕にくれました。

そして、徐々に音にも慣れてきて、今では大きな音でパニックになることはあまりなくなりました。

この大切なピアノで、オリジナル曲をたくさん作ってきたので、ホームページで紹介します。

少しでも多くの人が聞いてくれると嬉しいです。

また、僕の家族もこのホームページに日常生活を書き込みますので、良かったら合わせてご覧ください。

 

Suguru is a 15-year-old student who has visual impairment and autism.

  

He is quite sensitive to sound. Especially, when he was a young boy, he was so fearful of sirens like ambulances, police, fire trucks. Also, he couldn't even stand the sound of strong wind.

 

But he has liked playing piano and making his own melodies.

 

His grandparents got to know about his love of music, and gave him a piano which was in their house.

 

Now, he has gotten used to all the everyday sounds without fear. He doesn't panic much when he hears loud sounds.

 

He would like to introduce his own melodies composed with his treasured piano on this site.

 

He will be happy for you to listen.

 

Also, daily life of his family is introduced through this site.

 

Best regards,

 

Masako.K Masako Suguru's mother

新着のお知らせ

2013.11.18

渡会先生の曲』と『天国アマーデ』を掲載しました。

 

2013.11.18

燻製のページを新設しました。